結納ってなに?しなくちゃいけないの?教えて!


結納。聞いたことはあるけれど、いざとなるとよく分からない・・・。
そもそも、結婚するのに絶対必要なものなの?

そんな疑問を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そもそも結納とは、婚約の成立を確約し、金品を納め合う儀式のことです。
由来は古く、4〜5世紀頃の仁徳天皇の時代に始まったといういわれがありますが、普及してきたのは室町時代で、公家や武家の間で行われました。一般市民に定着したのは江戸末期から明治時代だと言われています。

昔は、両家を結びつける儀式だった!

行うのが当たり前だった結納も、現在ではあくまで形式的なもので、むしろ行わなかったというカップルの方が多いという統計もあります。
家と家との婚姻イコール儀式だったのは昔のこと。今は愛し合う2人を結ぶものとして結婚が捉えられているため、当然の流れなのかも知れません。

20110720_1001807

現在はどうしているの?

結納はせず、両家の顔合わせ食事会をのみを行うカップルが多いようです。
結納と顔合わせ食事会、両方を行う場合もあります。
儀式そのものに憧れがある場合や、結婚に対する意識が高まる、というけじめの意味合いで結納を行うカップルもいますが、形式張る・お金がかかる・「嫁を取る」という感覚がいや、ということで行わない場合も。
結納をするかしないかは、お2人と、両家のご両親の考え方で決めてかまいません。

仲人さんは?

正式結納では仲人が両家を往復して結納の金品を届けますが、現在は行うカップルはかなり少ない模様。
ホテルや料亭、女性の家に連なる略式結納が主流です。
もちろん、地域や家のしきたりで正式結納を行う場合もあるので、正式と略式があるということは覚えておきましょう。

結納をするときの日取りは?

日取りは六曜の大安・先勝・友引から選択して、午前中に行います。
挙式の6〜7か月前から3か月前くらいまでに行うのが一般的です。
場所を選ぶ際、女性の家で行うしきたりが根強く残る地域もありますので、両家の考えをきちんと聞きましょう。近頃は、式場などで全てセッティングしてくれる「結納パック」「結納プラン」もあります。こちらを利用するのもおすすめです。

786e599f7028bf632472411f2fe66995
出典:netallica.yahoo.co.jp

結納には、どんなものを用意するの?

結納の受け渡しの際には、正式には「目録」「受書(うけしょ)」「家族書」「親族書」の4つを取り交わします。
「結納品」は結納金を含めて9品目が正式ですが、割れない数であれば7、5、3品にする場合もあり、双方納め合うのか男性側から贈るのか、また品物にも地域差があるので、こちらも必ず相手側と確認しましょう。
祝い言葉にかけて、子宝を表す子生婦(こんぶ)や、末広がりを表した末広(すえひろ)など、縁起の良い品物を贈ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⭐️結納って何を揃えたらいいの?? 

結納の服装は?

服装は両家の格を合わせて、準礼装か略礼装に統一しましょう。
正礼装の場合、女性は振袖もおすすめです。
結納を行うか行わないか、よく考えて悔いの残らない選択をしましょう。
お2人の選択がもちろん1番大切ですが、ここは1つ、両家のご両親の意見も取り入れて、足並みを揃えて結婚へのスタートに向き合えると、挙式に向けてよりスムーズに事が運びそうですね。

⭐️結婚式にはマナーが大切!おすすめの結婚マナー本

What’s New! 新着記事

  1. 元ウェディングプランナーが教える 「結婚式の担当プランナーを変更したい」と思った…
  2. ブライダルネイルはいつやる?定番は上品フレンチ?2019年花嫁の人気手元もまとめ…
  3. バツイチの彼と結婚したい!再婚の明暗を分ける確認すべきことや、子どもとの付き合い…
  4. 結婚式におすすめBGMの歌詞を和訳!オリー・マーズ「ラップドアップ」-Wrapp…
  5. 結婚の起源はセックスにあり!? 【ちょっと真面目な結婚の話】

最新ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

総合ランキング

PAGE TOP