結婚式列席者のお車代、誰にいくら払えばいい?遠方の人への対応や、封筒、渡し方、注意点など徹底解説


結婚式では、主賓や乾杯の声をお願いする方や遠方からのゲストなどに、お車代を渡す習慣があります。

新郎新婦にとって普段の生活ではなじみがないため、ゲストとの関係や地域の風習なども考えて、失礼のないようにしたいもの。
金額の相場やお渡しするタイミングなどの目安を知って、大事なお客様にはそつなくスマートに渡したいものですね。

お車代ってなに?

「車」という言葉が示すように、結婚式に出席するための交通費との考えのもとに、出席してもらったお礼の気持ちも兼ねて渡すのがお車代です。
全てのゲストに払う必要はなく、一般的に、主賓や乾杯の声をお願いする方、遠方からのゲストなどに渡します。
そのほか受付や司会を依頼した友人なども、お礼の気持ちを表すためにお車代を用意しておくといいでしょう。

お車代を渡すときにおすすめのおしゃれなポチ袋

お車代は誰にどれくらいの額を渡すの?

1.主賓、乾杯の声をお願いする方へのお車代

披露宴でご祝辞を頂く主賓や、乾杯の声をお願いする方には、1万円以上お渡しするのが相場です。
自宅から会場まで車や電車で来られる距離ならハイヤーの、遠方であれば飛行機や新幹線の往復に相当する金額にします。
最も金額が高くなる交通手段での移動を想定して金額を決めましょう。
たとえ自宅と会場が近くても1万円未満では失礼となります。

また、このようなゲストの場合は着席された時か披露宴の合間に、両親からさりげなく手渡してもらう方法がベストです。
現金を「御車代」「御車料」と表書きしたご祝儀袋に入れて用意しておきます。
お車代に祝辞などのお礼を上乗せした金額でお渡しできるとなお良いです。
現金ではなくて、往復のハイヤーを手配する場合もあります。

2.遠方から出席するゲストへのお車代

一般的に、交通費と宿泊費を含めて2万円以上かかる場合に遠方と判断します

当日現金で渡すよりも、事前に航空券や乗車券、宿泊先を手配して、先方にチケットなどを送るようにするとスマートです。
全額負担できればよいのですが、難しい場合には、少なくとも半額は負担するように心掛けましょう。
遠方から出席するとなると、ご祝儀と旅費を合わせるとかなりの出費になります。
ゲストの負担が軽くなるように配慮しましょう。

3.仲人・媒酌人へのお車代

仲人・媒酌人は、両家の仲立ちをして結婚を取り持ってくれた、特別な人という位置づけです。
両家の親がそろってお礼と一緒にお車代を手渡します。
金額の相場は、主賓と同様に考えるので1万円以上となります。

4.司会をお願いした友人へのお車代

司会を友人に依頼する場合、事前に打合せなどの準備があったり当日もゆっくり席に座る時間もないので、労力に見合ったお礼をしたいところです。
頂いたご祝儀にお車代を上乗せした金額を目安に、2万〜3万円くらいがいいでしょう。

5.受付を依頼した友人へのお車代

受付は、芳名帳へご記帳頂くお願いと、ご祝儀を受け取る重要な役割です。
3〜5千円くらいが一般的ですが、ゲストが普通より多い場合は役割も大変になるので多めに渡しましょう。

6.手作りグッズなど結婚式を彩ってくれた友達へのお車代

心を込めてウェルカムボードやデコレーションを作ってくれたお友達には忘れずにお礼をしたいものです。
材料費にプラスした金額で3,000円以上が目安です。
デザイナーさんなどそれぞれのプロ(本職)の方の場合には別途、相場を考えてお礼をしましょう。

7.余興をお願いした友人達へのお車代

2,000円以上が相場と言われていますが、準備に時間のかかるもの、こちらからお願いした事には少し上乗せします。
また、本職の方などには10,000円以上のお礼をする場合もあります
現金や商品券などで、披露宴終了後に新郎新婦から直接手渡ししましょう。

8.一緒に式を創り上げてくれたプランナーさんへのお礼

プランナーの方にはどんなお礼をしたら良いのでしょう。
この場合は「お心づけ」と言い、お礼とは違います。
必ずしなければならないものではありませんが、感謝を形にしたい場合はお渡ししましょう。
現金で5,000円から10,000円くらいが相場ですが、会場の方針で現金は受け取ってくれない場合もあります。
品物にするか、お手紙や当日一緒に撮った写真などを贈るのも喜ばれます。
いずれの場合も必ず新札でご用意を
そして、感謝の心をしっかり込めてスマートにお渡しできるよう、抜かりなく事前の準備をしておきましょう。

 

お車代を渡すときの注意点

結びきりの祝儀袋に新札を入れます。

出典:https://item.rakuten.co.jp/farbesis/de-musubi

渡すタイミングは相手ごとに違いますが、主賓や乾杯を依頼する人には受付を済ませた後に親が挨拶を兼ねて渡し、遠方から来る親戚も親が挨拶を兼ねて渡します
それ以外のゲストは受付の際に受付の人から渡してもらうのが一般的です。

お車代は、特別に招いたゲスト、遠方から出席してくれるゲスト、結婚式に携わってくれた方に対してのお礼の気持ちを表しています。
ふたりのために時間を割いて出席してくれるゲストの気持ちを考え、感謝の気持ちを込めて、相手に失礼のないように間違いなく渡したいですね。

関連記事

  1. 【海外ウェディングフォト】春婚♡みなさんも「借りる」花嫁になってみませんか?

  2. 仏滅の結婚式は縁起が悪い?お日取りのお悩みを解決

  3. 日本でもファーストルック💕流行らせません?? #ファーストルック #花嫁 #ウェディング #結婚

  4. ブライズメイドスタイル♥お揃いコーデで花嫁を祝福しよう!

  5. 【結婚内祝い】人気の内祝い贈り物をおすすめランキングでご紹介

  6. 挙式のみの結婚式って?

  7. 会社の上司や同僚に報告する時期やマナーについて

  8. 結婚式当日の私服は何を着るべき?重要な4つのポイントを押さえよう!

  9. 結婚が決まったら、ご両親に挨拶しよう!!! #結婚報告 #両親 #結婚 #マナー

お問い合わせ

お問い合わせ

What’s New! 新着記事

  1. ブライダルネイルはいつやる?定番は上品フレンチ?2019年花嫁の人気手元もまとめ…
  2. バツイチの彼と結婚したい!再婚の明暗を分ける確認すべきことや、子どもとの付き合い…
  3. 結婚式におすすめBGMを和訳!オリー・マーズ「ラップドアップ」の和訳【Wrapp…
  4. 結婚の起源はセックスにあり!? 【ちょっと真面目な結婚の話】
  5. VERA WANG SPRING2020 今回はカラードレスの当たり年!花嫁なら…

最新ランキング

総合ランキング

PAGE TOP