挨拶やスピーチ、余興、乾杯それぞれ誰に頼むのがいいの?


出典:mqdirect.com

結婚式の披露宴といえば、入場から始まり、乾杯、ケーキ入刀、祝辞、余興、お色直し、花嫁の手紙と、とても華やかで充実した内容満載ですね。
今から披露宴を行うふたりには、その内容を考える時間はとてもわくわくすることでしょう。でも、充実した内容になればなるほど、主賓の挨拶や乾杯、スピーチ、余興、受付などの役割を誰にお願いするかで、その雰囲気が決まるといっても過言ではありません。
二人が目指す結婚式や披露宴の方向性やスタイルを明確にして、自分たちらしい披露宴となるように、それぞれの役割について誰に何をお願いするか、あらかじめ決めておくようにしましょう。

●乾杯

特に決まりはありませんが、一般的には、新郎側から1名、主賓の次に上席となる職場の上司など準主賓にお願いすることが多いようです。祝辞を職場の上司にお願いしている場合、乾杯も職場の人に依頼すると雰囲気が堅くなりがちなので、あえて違う立場の方にお願いするケースもあります。
また、新郎側しか仕事関係者がいない場合や、少しカジュアルな披露宴などでは「主賓の祝辞を新郎側から、乾杯の声を新婦側から」というスタイルも見られます。

4f26040bf73c457e3a91dc9afafa8d2e
出典:you-know-m.com

●祝辞(主賓挨拶)

新郎新婦のそれぞれの主賓から1人ずつ祝辞を頂くのが一般的です。
通常では、招待客の中で最も各が高い人で、一般的に社会的地位が一番高い人が主賓とされているため、職場の上司が一般的ですが、学校の恩師や親の知人などにお願いするケースもあります。
最近では、新郎新婦から1人ずつではなく、友人代表スピーチにし新郎新婦合わせての祝辞、カジュアルな披露宴なら主賓を立てずに新郎新婦からのウェルカムスピーチにするスタイルも。

242c37da71ae259651047c3da88f8c87
出典:you-know-m.com

●ゲストスピーチ

新郎新婦側それぞれから、ふたりのことをよく知っているゲスト1〜2名にお願いするのが一般的。話の内容が偏らないよう、職場の同僚、学生時代の友人、趣味の仲間というように付き合いが異なる人から選び、祝福の気持ちを最大限に表現してくれる人に心のこもった温かいスピーチをお願いしましょう。

160311-wedding-speech01a
出典:weddingpark.net

●余興

一般的には、新郎新婦側、合わせて1〜2組にお願いすることが多いようです。
式場によっては時間の都合で余興を入れられない場合もあるので、無理にしなくても構いません。最近ではプログラムをあまり詰め込まず、歓談タイムを長めにとるスタイルも増えており、余興が減ってきているようです。誰に依頼してもいいのですが、例え友人でも、プロまたはセミプロとして音楽活動などをしている人にお願いする場合は、きちんと出演料を支払うつもりで依頼するのがマナーです。

・お礼

それぞれ役割をお願いした人には、披露宴が終わった後か、後日できるだけ早めに、相手が気を遣わない程度の金額でお礼を渡します。
現金を渡す場合は新札で。
現金ではなく商品券などを準備しておいてもいいですね。
後日、改めて渡す場合には、新婚旅行のお土産をグレードアップして渡すなどでもいいでしょう。
場合によっては、余興などは親族で決まりがあるというようなケースもありますし、新郎新婦の意向だけでなく、両親などにも確認して決定できるといいですね。

お問い合わせ

お問い合わせ

What’s New! 新着記事

  1. 元ウェディングプランナーが教える 「結婚式の担当プランナーを変更したい」と思った…
  2. ブライダルネイルはいつやる?定番は上品フレンチ?2019年花嫁の人気手元もまとめ…
  3. バツイチの彼と結婚したい!再婚の明暗を分ける確認すべきことや、子どもとの付き合い…
  4. 結婚式におすすめBGMの歌詞を和訳!オリー・マーズ「ラップドアップ」-Wrapp…
  5. 結婚の起源はセックスにあり!? 【ちょっと真面目な結婚の話】

最新ランキング

総合ランキング

PAGE TOP