必見!結婚式準備にやる気のない新郎を協力的にさせる方法


結婚式の準備中にケンカ・・・これはほとんどのカップルが陥るトラブルのひとつです。

楽しいはずの披露宴準備。ただし、準備期間はやる事がたくさん!
準備期間中のケンカの原因は、「新婦ばかり準備に追われ、新郎がちっとも協力的じゃないから」という声をよく聞きます。

01

そもそも、男性は結婚式にあまり興味がないため、結婚式に対しての事前情報が女性よりも少ない人が大半です。
そのため、いざ結婚式の準備を始めるにあたっても何をすればいいのかわからないのです。

ここでは、男性を上手くリードし、結婚式の準備を円滑に進めるための方法をご紹介します。

まずは、お互いリラックス!

「何のために結婚式をするか」を考えてもらう

02
「結婚式の主役は花嫁。ウエディングドレスを着ることが、女性の夢」
そう考える傾向の新郎が多いようです。
しかし結婚式は、家族や友人など今までお世話になった人をお招きし、二人が新しい家族になることを報告する大切な場です。
そして2人が夫婦として、初めてする共同作業です。そのことを最初に二人でしっかり話し合い、新郎に「二人で準備を進める」という意識を植え付けることが大切です。

ウェディングノートなどで考えを共有するのも良いですよ

新郎の友人を巻き込む

03
花嫁が友人にブライズメイドをお願いするように、海外では、アッシャーもしくはグルームズマンと呼ばれる、ブライズメイドの男性版がいます。
新郎にも友人の中から何人か、当日の新郎の付き添い役を選んでもらい、お揃いの服を着てもらって演出の一部を手伝ってもらうのも一つの手です。
友人を巻き込むことで、新郎のやる気がグっと上がることでしょう。

役割分担を明確に、具体的な指示をする

04
男性は女性よりも合理的な考え方をする人が多いといいます。
結婚式の準備をするに当たって、まずやることを全てリストアップし、役割分担を決めましょう。
また、新郎に決めてもらうことであっても、「何を」「いつまで」に決めるのか具体的に伝えましょう。

例えば、列席者の名前のリストアップなら「いつまでに招待状を送りたい」「いつまでにゲストのフルネームと住所をリストアップしてほしい」といった感じで、期限となぜその作業をやるのかの理由もきちんと教えてあげたほうが良いでしょう。

新郎の得意そうなことをやってもらう

05
例えば、会場の装飾・装花などは新婦が担当し、男性が得意そうなBGMや映像などは新郎にお任せしてしまっても良いかもしれません。
中には映像にこだわって自分で作ってしまう新郎もいらっしゃいますよ!

こんなソフトを渡して、「ムービー作って♡」っておねだりしてみましょ!

06

いかがでしたでしょうか?
何より、一番大切なことは、新郎がやった作業に文句を言ったり否定したりせず、感謝の気持ちを表し褒めてあげること。
自分の意向と違ったとこは、あからさまに指摘はしない。
「もっとこうすれば良くなる」などお互いを尊重しながら、協力する事が結婚式準備を円滑にするコツです。

こんな本を読むとイライラも「クスッ」と許せちゃうかも…..

 

What’s New! 新着記事

  1. 元ウェディングプランナーが教える 「結婚式の担当プランナーを変更したい」と思った…
  2. ブライダルネイルはいつやる?定番は上品フレンチ?2019年花嫁の人気手元もまとめ…
  3. バツイチの彼と結婚したい!再婚の明暗を分ける確認すべきことや、子どもとの付き合い…
  4. 結婚式におすすめBGMの歌詞を和訳!オリー・マーズ「ラップドアップ」-Wrapp…
  5. 結婚の起源はセックスにあり!? 【ちょっと真面目な結婚の話】

最新ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

総合ランキング

PAGE TOP