素敵な結婚式の写真が撮れるポーズや歩き方を徹底研究【洋装・ドレス編】


一生の中で一番の晴れ舞台ともいえる結婚式。

この大切な日の写真を何度も見返したくなるようなものにしたいですよね。
そのためにはどうしたらいいかご存知ですか?
写真写りが悪いがために思い出まで台無しにしないために、結婚式の前に写真の撮られ方を知っておきましょう。

基本の姿勢

頭の先からピアノ線で吊られているつもりで背筋をピンと伸ばしながら、肩甲骨が綺麗にみえるよう意識しましょう。
肩甲骨を綺麗に見せるためには、胸をはり、両肩が内側に入らないよう自然と意識するので、綺麗な姿勢になります。
この時、意識し過ぎて両肩が上がらないように気を付けましょう。

57a0e527e6aea$!x900

新郎新婦お二人の立ち方

お二人で立つときはお互いにハの字になるように立ち、お互いの内側の方が少し重なるように意識すると、スタイルが良く見え写真写りがよくなります。
結婚式は何かとお二人で並んで立つことが多いので、気を抜いて棒立ちや猫背にならないように覚えておきましょう。

56c571d623e64$!x900

ブーケの持ち方

ブーケの持ち方ひとつで写真の見え方が変わってきます。
まずブーケを両手で持ち、ブーケの正面がゲストに見えるよう意識しながらおへそのあたりで持つようにしましょう。
ブーケを持ったとき脇を締めすぎて、腕を体に近づけすぎると、腕が太く見えてしまうので、腕を張りすぎて不自然に見えないよう気を付けながら、腕と体に少し隙間を作ってあげると腕を細く見せることができます。
そしてブーケをあまり上で持ってしまうと、せっかくのドレスのデザインが隠れてしまったり、おへそより下で持ってしまうとだらしなく疲れた印象になってしまいますので、気を付けましょう。

147936508740615$!x900

表情はどうしたら?

おすすめしたいのは、口元を少し緩め微笑むと、自然な表情を作ることができます。
そして、鼻から息を吸って、シャッターを押す瞬間に息を止めると、自然と目が大きくなり、表情が明るくなります。
口角が下がらないように気を付けましょう。

57f3204498c83$!x900

歩き方にも注意

そして結婚式では必ずしもポーズを撮った時だけ写真を撮られるとは限りません。いつ写真を撮られるかわからないので、気を抜かず歩き方にも気を配り、歩いているときも綺麗に撮られるよう意識しましょう。

歩くときは重心を後ろにかけながら歩くようにしましょう。
そうすることでドレスの前が少し上がり、歩きやすくなります。
ドレスの裾を踏まないよう、ドレスの前を蹴るように歩くといいというのを聞いたことがありませんか?
これは慣れない人がやってしまうと、動きがぎこちなくなり不自然で綺麗に見えません。結婚式場によっては、ブライダルウォーキングレッスンを行っているところもあるので事前に受けて練習しておくのもいいですね。

結婚式当日は、緊張や着なれないドレスでぎこちなくなってしまったり、お人形のようにただ立っているだけになってしまったりしがちですので、前もって練習をして自然で素敵な写真をたくさん残してください。

What’s New! 新着記事

  1. 元ウェディングプランナーが教える 「結婚式の担当プランナーを変更したい」と思った…
  2. ブライダルネイルはいつやる?定番は上品フレンチ?2019年花嫁の人気手元もまとめ…
  3. バツイチの彼と結婚したい!再婚の明暗を分ける確認すべきことや、子どもとの付き合い…
  4. 結婚式におすすめBGMの歌詞を和訳!オリー・マーズ「ラップドアップ」-Wrapp…
  5. 結婚の起源はセックスにあり!? 【ちょっと真面目な結婚の話】

最新ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

総合ランキング

PAGE TOP