新婚生活を上手に進めるコツとは?!


新婚生活って、生活習慣が違う二人が一緒に暮らすことになるので、楽しいばかりではありませんよね。

初めての事ばかりでちょっとしたことでもケンカになることもあるかもしれませんが、年齢を重ねてもお互いを思いやり、いつまでも仲の良い夫婦でいられるよう、新婚生活を上手にスタートさせましょう。
それにはちょっとしたコツが必要かもしれません。

お互いの考えをしっかり話し合う

将来に向けてのお互いの考えを話し合っておきましょう。
住む家や、妻の仕事、子供は何人産むか、将来的な夢など具体的なイメージを持って話し合うことが大切です。
また、お金のやりくりについても最初が肝心。
共働き夫婦の場合、特に、二人分の収入があるため、生活レベルだけでなく、将来の貯蓄計画なども話し合っておきましょう。二人のお金に対する考え方が大きくずれていると、今後の生活にも大きな支障をきたしてしまいます。

 

⭐️新婚生活!みんな初めてだから指南書が必須!

住まいについて

結婚後の生活で大きな問題となるのが親との同居です。
同居の場合、一番負担に感じるのは女性です。同居した親とうまくやっていけるかも心配になるでしょう。男性側だけで決めず、二人で話し合うことがとても重要です。同居する親の考え、気持ちもあるかと思いますが、納得のいくまでよく話し合うことが必要です。

相手への挨拶と感謝と、笑顔を忘れない

生活していく上で、大切なのは挨拶ですよね。
最低限のコミュニケーションとして、ぜひ大切にしていきたいところです。
朝、元気に「おはよう」と声を掛けあうことで気持ちも違ってくると思います。
そして、何かしてもらったら「当たり前」と思わず、「ありがとう」や「ごめんね」を言葉にして伝えることはとても大切です。
気持ちは言葉にしなければ伝わらないことが多いものです。
また、家に帰ってきたら「お疲れさま」と笑顔で迎えるだけで一日の疲れが癒されます。
笑顔を絶やさない家庭には、明るく楽しい生活が待っています。

ケンカをしたときは

育ってきた環境や価値観、性格が違えば、考え方のずれはどうしても出てしまうもの。
ケンカをした時、二人がどう歩みよるか、いかに早く修復するかが大切です。謝るタイミングを逃すと修復にも時間がかかります。出来ればその日のうちに仲直りしましょう。
また、相手の新たな一面に気付き、気になることがたくさん出てくるかも知れません。自分の意見を通すばかりではなく、どちらかが妥協をすることも必要になってきます。

自分の時間も大切に

夫婦二人の時間も大切ですが、自分だけの時間を作ることも大事。
上手に結婚生活を続けるためにも、相手を束縛しすぎないようにしましょう。
どんな大恋愛を経て結婚した夫婦でも、元々は他人同士。お互いに育ってきた環境が違いますから、一緒に暮らすうえで考え方や生活の違いがあるのは当たり前。その前提を忘れないことが大事です。
自分の価値観に相手を押し付けない。相手の考えを尊重する。そして互いに折り合いをつけながら歩んで行くものが結婚生活だといえます。
新婚のうちに良い夫婦のカタチを作り、この先楽しく暮らしていけるよう、思いやりの気持ちをもって、互いに協力しながら新婚生活を楽しむといいでしょう。

⭐️夫婦関係って、なかなか難しいものです……

お問い合わせ

お問い合わせ

What’s New! 新着記事

  1. 元ウェディングプランナーが教える 「結婚式の担当プランナーを変更したい」と思った…
  2. ブライダルネイルはいつやる?定番は上品フレンチ?2019年花嫁の人気手元もまとめ…
  3. バツイチの彼と結婚したい!再婚の明暗を分ける確認すべきことや、子どもとの付き合い…
  4. 結婚式におすすめBGMの歌詞を和訳!オリー・マーズ「ラップドアップ」-Wrapp…
  5. 結婚の起源はセックスにあり!? 【ちょっと真面目な結婚の話】

最新ランキング

総合ランキング

PAGE TOP